中古車の契約で持って行く必要がある物

中古車を購入するまでの流れ

ディーラーや自動車販売店等で購入できる中古車は、新車よりも走行距離が長く、新車としての登録期間も長い自動車を指します。ボディーカラーや車種のグレード、並びに年式によって値段は変動しますが、ほとんどの場合、新車よりも格安で購入できる点が、大きなメリットです。新車よりも割安で購入できるとはいえ、やはり100万円単位の買い物となるため、購入者の多数が自動車に関するローンを組んで購入します。また、現在保有している自動車から中古車への買い替えをする際には、様々な手続きを行う必要もあります。

必要な手続きを販売店等で行ってもらった上で、ナンバープレート及び車検証を手に入れ、車両を直接、もしくはローンを組んで購入して初めて、中古車で運転できるようになります。

中古車を購入する上で必要な書類

中古車を購入し、実際に運転するためには、いくつかの必要書類を用意し、中古車販売店に持っていく必要があります。中古車販売店では、自動車の名義変更を最初に行いますが、その際、自動車の使用者及び所有者の印鑑証明書が名義変更に必須です。最寄りの市役所等で数100円の印紙を購入、朱肉を使うタイプの印鑑を捺印して発行を完了させます。また、自動車の名義変更を販売店で代行してもらうには、販売店が発行する委任状が必要となります。

そして、購入した中古車を保管するための手続きとなる、車庫証明も行う必要があります。通常は販売店が用意してくれますが、管轄地域の警察署でも、必要書類を取り寄せられます。自動車保管場所証明申請書と保管場所標章交付申請書、そして権原書面並びに所在図の4つが、車庫証明に必要な必須書類です。

「カーリース」で毎月支払う料金には、車検や税金、メンテナンスなどの維持費も含まれています。そのため、車を使用するうえで時々発生する大きな出費を心配する必要はありません。